2010年12月25日土曜日

08/09 Burton AK 2L Cyclic JKT ElectricBlue

AKのサイクリックジャケット。
バートンの中でもハイスペックなラインのAKだけに高くて手が出せなかった訳ですが、ようやく手に入れる事ができて大満足。
どうしても欲しかったのがこのエレクトリックブルー。
ジッパーとの相性がばっちりの発色が最高です。

機能面もかなり期待できそうで、中身をざっと見ただけでユーティリティの充実さが見て取れる。
素材自体がGore-Texなので絶対にハズレはないはず。
これならかなりの寒さまで快適に過ごせるはず!

正月の山形ライディングが楽しみです。



2010年12月22日水曜日

GeneralResearch 956 Camouflage FieldJacket

ジェネラルリサーチのコットンフィールドジャケット。
ミリタリーには全く詳しくないので分からないが、本物のディティールを忠実に再現したものだという。
そのせいか・・・めちゃくちゃ重いです。(笑)
型は非常にシンプルですが、背面とインナーのサーマルが大胆なデザートカラーのタイガーカモになっている。

比翼のボタンはちゃんとGRマークの入った物。
服の内側をひっくり返さないと見えない所にあるのに、この拘り。
こういう所が素敵なのです。

2010年12月15日水曜日

X8V & TUYA EXPERT

何が言いたいかというと、ガラスコートをしたという訳なんです。
車用のガラスコート剤、ツヤエキスパートの液が余ったのでボードの表面にかけてみました。
バインディングの跡は仕方ないとしても、結構な勢いでテカってます。
多少は汚れを弾いてくれるかなぁと期待を寄せつつ。
ホットワックスの削りカスがくっついちゃうのは変わらなかったが。。。

そういえば、X8Vをメンテから回収した際にショップの方からこんな一言を。
「どうやらコンケーブしてきてますね、当初より滑りづらくなっているのでは?」

コンケーブについては詳しくないので割愛しますが、必要以上に両エッジが立つように変形してきていると言う事らしい。
これはICSの構造自体がその一因になっているのではないか、との事でした。
つまり、二本のビスでバインディングを固定し、板の中心部を走るレールにセットする為、固定している部分が常に引っ張り上げられている状態。
言われてみれば確かにそうだ。
そう考えるとICSも微妙な気がしてくる。

で、結局滑ってみた感想はと言うと、


・・・違いがわからん。。。


と言う事で、ヘボいボーダーには全く関係のないお話だったのでした♪

2010年12月3日金曜日

SMITH PROPHECY NEON MASTER OF THE OBVIOUS

いよいよスノーボードシーズンが始まる予感・・・。
今季は買う必要のあるギアがあまり無いので、ゴーグルを新調した。
スミスのプロフェシー。Prodigyというモデルの後継らしい。
友人が使用しているプロディジーに感化されてsmithを選択した訳です。
以前のOakleyのミラーレンズが、曇った天気や薄暗い時に段差が見辛かったりしたので、このセンサーミラーレンズ に期待。
あと着脱が簡単なワンタッチのストラップも希望どおり。

早期に発表されるEaryモデルにはサングラスが付いてきました。
 かなり昔に発売されたデザインを現代版に復刻させたものらしいですが、イマドキっぽい感じで良いです。
掛け心地はノベルティなんで仕方ないとしても、レンズはゴーグルで使用している物。


あとは使って楽しむのみ!
今年も怪我をしない程度に、でもアグレッシブにスノーシーズンを楽しみたいですね。