2011年6月21日火曜日

ブログをお引越ししました

サイトを移行しました。
最新の更新情報とアーカイブはこちらで。

シンプルすぎてちょっと見にくいかも・・・(笑)

2011年2月11日金曜日

WTAPS MELTON STUDIUM JACKET

ダブルタップスのスタジアムジャケット。
写真はかなり見えにくいけど、バックプリントと袖口。
このプリントって言うかワッペン具合がCool!

素材はメルトンっぽくて形もスタジャン風ながらディティールはコートっていう、
とても使い勝手の良い型をしています。

ラグランっていう所も肩幅が広い私には嬉しい所ですね。

2011年2月1日火曜日

40%UPARMORED WTAPS SLINKYOPTICS Model Murajun

フォーティー(現ダブルタップス)のサングラスのライン、スリンキーオプティクスのムラジュンモデルです。
正直、fortyにサングラス専門のラインがあるなんて全く知らなかったです。
まぁwtapsがfortyだった頃は高校生くらいで、高価なサングラスなんて買える訳がなかった。
けど、名前はかっこいいなって思ってました。
確か最初は40%AgainstRightsって名前だったような。



そんな訳でコイツがHardOffに置いてあった時にはあまり反応できなかった。
ん?SlinkyOptics?知らんなぁ、くらいに。
けど思いっきりMurajunて書いてあったので家に帰ってググッてみてビックリ。コレは買っておかなきゃ!
次の日の仕事帰りに「売れちゃったらやだな~、誰にも気付かれないでくれぇー」と祈りながら、
何とか手に入れました。千五百円。

フレームは結構傷が付いていたし、フレーム横の40%の文字も消えかかってるし。
とりあえず全体にガラスコートをかけて完了。

べっ甲も気に入ったし、フレームのサイズ的にも違和感なくてとても良い買い物ができました。


2011年1月24日月曜日

Grenade SnowBoardGlove VICE CC935 Yellow

09/10のグレネードのグローブ。
薄手の、春とか暖かい日用のグローブが欲しかったので。
ミットに引き続きグレネードですが、特に拘り無く安かったので買いました。

薄手のグローブは機能性とかどーこー言う物じゃないので、色で決めました。
黄色系は殆ど身につけないのですが、これは南国ムードと綺麗なカラーリングが良好。
何気に肌触りも良くて満足。

2011年1月20日木曜日

GeneralResearch 1292 Leather Deck Shoes

 ジェネラルリサーチのデッキシューズ。
スウェードの素材感とカラーリングがとても良い。
スタンダードな形状ながらなぜか目をひくのは、各部のディティールまで妥協がないからだろうか。


タグ代わりのこんな印字も、所有欲を満たしてくれる。

2011年1月18日火曜日

ShinichiroArakawa Wool Casquette Dark Olive Check



シンイチロウアラカワのウールキャスケット。
手に入れたのはもう随分前。
かなり落ち着いたチェック柄ですが、中身は鮮やかなパープルのサテンで出来てます。

素材、縫製、シルエットがとても美しい。
世界に進出しているデザイナーの実力は素晴らしいと思う。

2010年12月25日土曜日

08/09 Burton AK 2L Cyclic JKT ElectricBlue

AKのサイクリックジャケット。
バートンの中でもハイスペックなラインのAKだけに高くて手が出せなかった訳ですが、ようやく手に入れる事ができて大満足。
どうしても欲しかったのがこのエレクトリックブルー。
ジッパーとの相性がばっちりの発色が最高です。

機能面もかなり期待できそうで、中身をざっと見ただけでユーティリティの充実さが見て取れる。
素材自体がGore-Texなので絶対にハズレはないはず。
これならかなりの寒さまで快適に過ごせるはず!

正月の山形ライディングが楽しみです。



2010年12月22日水曜日

GeneralResearch 956 Camouflage FieldJacket

ジェネラルリサーチのコットンフィールドジャケット。
ミリタリーには全く詳しくないので分からないが、本物のディティールを忠実に再現したものだという。
そのせいか・・・めちゃくちゃ重いです。(笑)
型は非常にシンプルですが、背面とインナーのサーマルが大胆なデザートカラーのタイガーカモになっている。

比翼のボタンはちゃんとGRマークの入った物。
服の内側をひっくり返さないと見えない所にあるのに、この拘り。
こういう所が素敵なのです。

2010年12月15日水曜日

X8V & TUYA EXPERT

何が言いたいかというと、ガラスコートをしたという訳なんです。
車用のガラスコート剤、ツヤエキスパートの液が余ったのでボードの表面にかけてみました。
バインディングの跡は仕方ないとしても、結構な勢いでテカってます。
多少は汚れを弾いてくれるかなぁと期待を寄せつつ。
ホットワックスの削りカスがくっついちゃうのは変わらなかったが。。。

そういえば、X8Vをメンテから回収した際にショップの方からこんな一言を。
「どうやらコンケーブしてきてますね、当初より滑りづらくなっているのでは?」

コンケーブについては詳しくないので割愛しますが、必要以上に両エッジが立つように変形してきていると言う事らしい。
これはICSの構造自体がその一因になっているのではないか、との事でした。
つまり、二本のビスでバインディングを固定し、板の中心部を走るレールにセットする為、固定している部分が常に引っ張り上げられている状態。
言われてみれば確かにそうだ。
そう考えるとICSも微妙な気がしてくる。

で、結局滑ってみた感想はと言うと、


・・・違いがわからん。。。


と言う事で、ヘボいボーダーには全く関係のないお話だったのでした♪

2010年12月3日金曜日

SMITH PROPHECY NEON MASTER OF THE OBVIOUS

いよいよスノーボードシーズンが始まる予感・・・。
今季は買う必要のあるギアがあまり無いので、ゴーグルを新調した。
スミスのプロフェシー。Prodigyというモデルの後継らしい。
友人が使用しているプロディジーに感化されてsmithを選択した訳です。
以前のOakleyのミラーレンズが、曇った天気や薄暗い時に段差が見辛かったりしたので、このセンサーミラーレンズ に期待。
あと着脱が簡単なワンタッチのストラップも希望どおり。

早期に発表されるEaryモデルにはサングラスが付いてきました。
 かなり昔に発売されたデザインを現代版に復刻させたものらしいですが、イマドキっぽい感じで良いです。
掛け心地はノベルティなんで仕方ないとしても、レンズはゴーグルで使用している物。


あとは使って楽しむのみ!
今年も怪我をしない程度に、でもアグレッシブにスノーシーズンを楽しみたいですね。

2010年11月22日月曜日

FRISCH DenimTailoredJacket CrayonCheck

フリッシュのデニムジャケット。
VivienWestwoodの元で働いていたデザイナーが立ち上げたブランドって、昔のメンズノンノに載ってた気がする。
今は活躍してるのかな。

このチェックの綺麗さは本当に素晴らしいと思っている。
パターンも微妙なカラーリングもパターンも。
デニムって言う所も魅力で、素材感とチェックがとてもマッチしている。

派手すぎてなかなか着られないけれど、しっかりした作りは流石です。

2010年11月19日金曜日

SUPER 3TON Snowboard Glove D-MINT

グローブはミトンが好きです。
そんな訳でPLAY DESIGNのスーパーミトンをゲット。
勿論、型落ちをお安く。

素材としては丈夫そうですがGore-texではないようです。
高機能とありますが、それが素材の事なのかは分からない。
インナーが付いており、手の甲にある止水ジッパーを開けると指を出すことが出来る。
汗を掻いて湿ってしまう事があるので丁度いいし、何か作業をする時にも便利な感じ。

昨年使っていたGrenadeのミトンは結構あっさりボロくなったので(笑)、今回は耐久性を期待しています。

Burton Imprint4 インナーの熱成形

昨シーズンに買ったidiomのブーツのインナーが、何気に熱成形出来ることが分かった。
軽さはいいものの、フィット感がイマイチな感じで、かかとが浮いてしまっていたのが若干ではあるけれど気になっていた。

これはヤルしか無い!
しかも自宅で!

・・・にしても、情報が少なすぎる。
そもそもBurtonのインナーの熱成形自体があまり知られていないし、焼いてくれる店自体も少ないらしく情報は僅少。
体温で徐々にフィットしていくという製品のため、必要ないと言えばそうなのかも知れない。
しかしながら、やっぱり熱成形した方がフィット感は上がるとの事なので挑戦することにした。

ネットに転がるDeeluxのインナーを自宅で熱成形している人などの情報を元にチャレンジした。

まず熱したオーブンに放り込む。
バートンの場合は素材がデリケートらしく低音で温めれば充分という。Deeluxとかは120度とかで10分とか熱するみたいなんだけど、70度くらいでいいみたい。(真偽の程は不明です)
うちのオーブンレンジの温度設定が110度が最低の設定値だったので、そこまで温めた後、暫くおいてから放り込んだ。

5~10分後に開けてみるとインナーはフワフワに!
温度が下がらないうちにインソールを入れて、インナーをブーツにセット。そのまま履いてしっかりセットアップして温度が下がるまで待つ。(できたら滑ってる時の姿勢をキープするのがいいらしい・・・)

そういえば、デフォルトで付いているインソールがなにやらショボイ、という噂を耳にしたので部屋に転がっていたGravisのインソール使うことにした。


そんな訳で暫くした後に足を抜いて一日置いてみると、どうやら固まったらしい。
結果は使ってみなくては分からないので、またその時にでも報告しましょう。
インソールに関しては明らかに踏み心地が違うので何らかの効果は期待できそうです。

2010年10月16日土曜日

SUPREME Argyle Beanie Black

iPhone4で撮影したら何故か影が青っぽい。
失敗した。

それはともかく、SUPREMEのニットキャップ。
なぜいきなりシュプリームかというと、まぁ理由は言わずもがなで・・・ようするにスノーボード用に買いました。

実はSupremeの物を買ったのは初めてで、調べてみると中々良いものが沢山ある。
ウェアも素敵だけれど帽子類はかっこいいのが多くて驚いた。

今年はこのふんわりしたやさしい肌触りのビーニーで楽しく滑ろう。

SPEC IPHONE4 CASE (From Apple)

Appleからiphone4のカバーが届いた。
件の電波の問題(本体側面に触れるとアンテナの感度が落ちる)への対処として配布された物です。
このほかに数種類ケースの選択肢があり、どれもそれなりに値段のしそうな物でした。
派手な色はなくて全て黒かクリア系。
純正バンパーもありましたね。

私はこのチェック柄にしました。

うーん、さすが。
フィット感は勿論、触り心地もなかなか良いです。
今までは安物のプラスチックだったので、その違いを感じることが出来ました。


まぁ、そういう意味ではケース無しが一番素晴らしいんですけどね。