2010年12月15日水曜日

X8V & TUYA EXPERT

何が言いたいかというと、ガラスコートをしたという訳なんです。
車用のガラスコート剤、ツヤエキスパートの液が余ったのでボードの表面にかけてみました。
バインディングの跡は仕方ないとしても、結構な勢いでテカってます。
多少は汚れを弾いてくれるかなぁと期待を寄せつつ。
ホットワックスの削りカスがくっついちゃうのは変わらなかったが。。。

そういえば、X8Vをメンテから回収した際にショップの方からこんな一言を。
「どうやらコンケーブしてきてますね、当初より滑りづらくなっているのでは?」

コンケーブについては詳しくないので割愛しますが、必要以上に両エッジが立つように変形してきていると言う事らしい。
これはICSの構造自体がその一因になっているのではないか、との事でした。
つまり、二本のビスでバインディングを固定し、板の中心部を走るレールにセットする為、固定している部分が常に引っ張り上げられている状態。
言われてみれば確かにそうだ。
そう考えるとICSも微妙な気がしてくる。

で、結局滑ってみた感想はと言うと、


・・・違いがわからん。。。


と言う事で、ヘボいボーダーには全く関係のないお話だったのでした♪

0 件のコメント: