2010年1月9日土曜日

Oakley SI O-Frame Customized Attackmask and BlackIridium


以前に紹介した、私がスノーボードで使用しているO-Frame。
元ネタは前記事にあるように、藤原ヒロシ氏がカスタムした物である。
・・・つまり、完全なパクリという訳ですね。
そんな事を、恥かしげもなくやってしまうのが私。

ちなみに、今期はFragmentDesignからOakleyとWネームの公式モデルが発売されています。
このバージョンはストラップにブランドネームが入っていて、それ自体がかなり珍しい事らしいですね。
それだけでなく、レンズも新しいカラーのイリジウムになっているとか・・・凄いですねぇ。


それはともかく。
このカスタマイズはベースの入手から始まります。
このO-Frameはスノボ用ではなくミリタリー用途のダストゴーグルと呼ばれる仕様です。
つや消しのマットな黒、ストラップも真っ黒。ロゴなどは殆どありません。
レンズは透明の物が付いているだけなので、当初はpersimonというオレンジ色のレンズを別途購入して装着しました。

今回は奮発してBlackIridiumというカラーのレンズを購入して、装着しました。
(レンズだけ手に入れるのが大変そうだったので、安かったので本体ごと購入してしまった!)
写真のはそれが付いた状態です。


そして一番の特徴はこれですね。


アタックマスクと呼ばれる鼻をガードするパーツ。
これはバイク競技用に付ける物らしいのですが、これを別途入手して装着。
これこそがHF仕様のアイデンティティー。
確かにかっこよくなります♪

後は実際の滑りが上手くないと、
「見た目だけかよっ!」って状態になってしまうのが難点ですね。。。(笑)

0 件のコメント: