2010年1月23日土曜日

Infobar Annin FirstGeneration


溜まっている写真を眺めていたら、こんなのが出てきた。
インフォバーの第一世代の杏仁。
他の色も錦鯉とか市松とかビルディング、そういうのがあってどれも良かった。
癖になるような触り心地。
素材感が良くてプロダクトとしての品質の良さが気に入っていた。

しかし、搭載されているハード・ソフトが同時期に出たものよりも性能が劣っていたのが凄く残念だった。
せっかく素晴らしいプロダクトデザイナーが作り出したのに、リンクした基本性能を提供できないってなんだか悲しいからね。

新版のインフォバーも出たのだが、出る前にauからsoftbankに乗り換えた為、使えなかった。
欲しかったんだけどなぁ。惜しい。
つーか、日本の携帯産業には、キャリア毎の専用機器っていう流れをいい加減ヤメにして欲しいもんである。




0 件のコメント: